2007年03月25日

オキちゃんに会いに

オキちゃん

 ただいまです!
 沖縄まで、オキちゃんに会いに行ってきました!\(^^)/
 オキちゃんは、自分の記憶に残っている初めてのイルカさんなんですね。物心つき始めた頃に、母と海洋博(←歳がばれる!(^^;))に行きまして――それ以来、イルカと聞くと「オキちゃん見たよね」と言っていた記憶があるので、幼心によほど印象的であったのだろうと……。オキちゃん劇場のオキちゃん(現在は、イルカラグーンの方にいますけど。)が、あの時のオキちゃんだとここ2年くらいの間に知って、会いたいなぁ…と思い続けていたのでした。\(^^)/
 トレーナーさんにうかがったところ、実はオキちゃん以外にも4頭――海洋博の時に沖縄にやってきて、今もまだ元気にしているイルカさんがいるのだそうです。

 ところで、オキちゃん――ミナミバンドウイルカなんですね。バンドウイルカより細長い口吻と、お腹側の斑点模様――それから、バンドウイルカより小さな身体が、ミナミバンドウイルカの特徴のようです。
 オキちゃんは、人工尾びれをもつフジと同じプールで泳いでいて――彼女と仲良さそうに泳いでました。今、妊娠中だそうです。

 留守中にたくさんの拍手、ありがとうございます。<(_ _)>


posted by HARUKA at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄美ら海水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幼い頃に見たコが、いい加減いい年になっても健在で、再会できるって、なんか感動ですよね。
オキちゃんは、また赤ちゃんが生まれるのですね?
そういうニュースもまた、我がコトのように喜べるのが嬉しいもの。

自分にとっては、花子さんがまさにそうだったのですが・・・ちょっと残念なことになってしまいまして・・・。
海洋ブログにゾウの話ですみませぬ。。。
Posted by Ray at 2007年03月26日 19:36
 懐かしい憧れの人に会ったような感じでした。さすがに、子供の記憶――ミナミバンドウとまでは気づいてなかったでした。←その頃は、おなかの斑点少なかったのかもしんないけど……つ〜か、うむ、ある意味、その時点でバンドウイルカとミナミバンドウイルカを区別できてても末恐ろしい子供かも???(^^;)

 花子さん、残念だけど――でも、こうやって愛情持って思い出してもらえるのは、きっと彼女にとって倖せなことなのだろうと……ちょっと感傷的かもしんないけど。
Posted by HARUKA at 2007年03月26日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック