2006年12月02日

くじらの博物館

ナミちゃん、ジャンプ!

 24日は、Rさんにレンタカーを運転してもらって、くじらの博物館へGo! Go!
 まずは、博物館内で日本人と鯨のかかわりを学びつつ、鯨類の標本を見てまわる。めったに見れるものではないので、しっかり見てきたんですが――人によっては、薬液漬けの標本は苦手かもしれないですね。(><;)

ナミちゃん、ハイジャンプ

 そして、シャチのナミちゃんのショータイム――1日いたので、かれこれ3回見ました。
 ナミちゃんは、目の上の楕円の模様がすこし垂れ眉ちっくなので、顔の印象が穏やかな気がしました。性格は……穏やかなのかお転婆なのか、この日だけじゃ把握できてませんけど。(^^;)

遊びたい盛り♪

 そして、こちらは――顔からして、まだ若いハナゴンドウさん。個体紹介されてる掲示を写真に撮り忘れてしまったので名前がわからないんですが、女の子だったはず。桟橋のみんなが、バンドウさんやオキゴンさんに気をとられていると、ばっしゃんばっしゃん…水飛沫をあげて注意を引こうとしてました。

男の勲章

 ハナゴンドウは、身体についた傷が↑のように白く残る(これが、花のように見えることから、ハナゴンドウの和名がついたそうで。松葉のようだということで、マツバゴンドウとも呼ばれる。)ので、傷の多い個体ほど年嵩だとわかります。
 前述のように、個体紹介の掲示を撮り忘れているのですが、おそらく彼がシロさんだろうと思います。

 訪れた時には、ご存知のように腹びれのあるイルカがプールに搬入され、飼育・観察されるにあたって、イルカやアシカのショーがすべて中止になっていました。さらに、ショープールの周辺は、ずいぶんと広範囲で立ち入り禁止区域になっていたりも。(@@;)
 でも、博物館を出たすぐ――プールを臨む階段の上段からは、観察可能。トレーナーさんに、特徴(腹びれのあるイルカさんは、彼女と同じ群れにいた相性のよい個体と2頭でプールに入っているので)を訊いて、あまり身体を水面から出してみせない彼女の腰の辺りを――じっくり、じっくり。陽光の加減もあって、写真は上手く撮れなかったですが――しっかり、腹びれの存在を確認してきました。
 前々日に、東山でゾウを眺めながら――彼らもイルカも同じ哺乳動物なんだよなぁ…と、進化について思いを馳せたところだったので、ある種の単純かもしれなくて恐縮ですが……覚えたそれは“感動”と形容するものなんだと思いました。

 さて、丸1日くじら博ですごして――次は、白浜へ向います。
 待ってろよ、コツメたん!o(><)o

 昨日あたりから、Web拍手のサーバにトラブルが生じているようですね。(。。;)


posted by HARUKA at 17:58| Comment(3) | TrackBack(0) | くじらの博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハナゴンですが写真上の個体は『マロンちゃん』と言います。写真下は『シロ君』で正解です。もう1頭は『スリムちゃん』です。マロンちゃんは頭に丸いひまわりのような白い痕があるので、比較的解り易いこたいです。
ナミちゃんの性格ですが。クーちゃんより怒り(不平不満ストレス)?を溜め込んで一気にはきだすタイプ、クーちゃんはちょくちょく小出しにするタイプという人もいますが、そうでないと言う人もいます。しかしホテルうらしまにとまったのですか。素敵ですね私は浦島のホテルの船着き場で小魚を釣るのがすきです。ではでは。
Posted by I at 2006年12月02日 19:02
おとといはイチローの件ありがとうございました。
さて、1日に3回シャチを観たんですか!!!羨ましいです(泣)。
しかも腹ビレのイルカもご覧になったんですね。写真が無いのが残念ですけど、いい旅されているんですね!
Posted by ヤス at 2006年12月02日 21:34
Tさま>『マロンちゃん』ですね。ありがとうございます。ハナゴンドウは、傷だらけだけど、吻先がV字になってて笑っているようにも見える可愛い顔してますよね。(^^) 南知多ビーチランドでネオさんを見て以来、ハナゴンスキーだったりしています。←でも、オキゴンドウの黒くてスリムなのに重量感ある感じも好き。(^^;)
 ナミちゃんは、ふだんあまり怒らないですます人ほど、怒らせると怖い…ってタイプなんですね。(><;) 行った時は、桟橋の浮きがお気に入りだったらしく、何度もすりすりしてました。クーちゃんは――不機嫌を小出しと言うか……お姫様育ちしてるという話ですものねぇ。(*^^*)
 あ、ホテル――浦島でした。忘帰洞すごかったですよ。特に夜はちょっと天気が荒れちゃったので、波の音が怖いくらいでした。(@@;)

ヤスさま>イチローくんは、残念なことでしたが、きっと今はもう苦しくないところでゆったりしてるんだと思いたいです。
 くじら浜公園では、シャチは、入り江を利用した自然プールで泳いでます。海中に潜られてしまうと探すのに苦労しますが、シャチの気が向けばショー以外の時間でも顔をあげてくれることがあるようです。
 腹びれのイルカもしっかり見てきました。\(^^)/ 今回の旅は、会いたかった子達に、ちゃんとみんな会えちゃう旅でした。
Posted by HARUKA at 2006年12月03日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック