2006年06月27日

5番ちゃん

5番ちゃん

 ベルーガ5番ちゃん。
 小柄でまだグレーっぽい子。背中に大きな丸い傷があって、左目の周囲にも特徴的な傷がある。
 2階の水中観察窓から見ている(自分は、6番の仕草を見ていることが多いのですが……)と、通りすがりにお口を“くわっ!”っとして驚かせてくれることがあります。


posted by HARUKA at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 名古屋港水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベルーガの5番かわいい顔ですよね、顔や体の傷にも彼らの人生(鯨生?)が刻まれててどんな経緯でこの傷がついたのかな?なんて考えを馳せていると時間を忘れてしまいますね。顔といえば、私はシャチとカマイルカが鯨類の中でお気に入りなのですが(昔から)、最近はくちばしの短い鯨類の顔がたまらなく好きで、今の一番のお気に入りの顔はくじら博物館のコビレゴンドウのコビコビ(正式名称ではないかも)が一番すきです。
あと、同じくくじら博にいるハナゴンドウのシロくん(こちらは正式通称です)が無茶苦茶かわいい!です。日々の生活に疲れた時はくじら博までひとっ走りしてあの顔に癒されてくるのが私のリセット。
機会があればクーちゃんのルーツ?くじらの博物館へ一度行ってみてください。水族観(館)かわります!なんと言ってもイルカシャチに求接近!がうりですから。あと名古屋港水族館から行ったSちゃんにもあえますよ。おっと、長々とすいません。次の画像とそのキャプションも楽しみにしています!頑張って更新よろしく。
Posted by ISHIGURO at 2006年06月27日 22:48
 今日、思い切って5番の背中の傷について訊いたところ……随分と以前の注射のあとが残ってるのだそうでした。(@@;) ベルーガは、岩でこすって古い皮膚を落とすことをするから、普通はそのうち目立たなくなるのだろうけど、5番はあまりそれをしない個体なんだそうで。
 やはり、性格や癖もそれぞれで――知るほどに興味深いですね。

 くじらの博物館――すごくいい所だと聞きいてるので、ぜひに行きたい!…と思っているところです。まだ具体的に計画が立っていないのですが、秋に友人とアドベンチャーワールドに行こうと思っているので、休みが多めに確保できれば日程に組み込みたいですし――今秋は無理でも機会を作って行きたいと思います!
 ゴンドウは、南知多ビーチランドのオキゴンドウとハナゴンドウしか見たことないんですが、コビレゴンドウのコビコビにもぜひに会ってみたいです。ゴンドウって、ちょっと大きめの身体に短くまとまった顔で――カッコいいと可愛いの混ざったような印象を持ってます♪ そして、見ていると古い友達を思い出すような感触が……。

 こちらこそ、またよろしくお願いします。<(_ _)>
Posted by HARUKA at 2006年06月28日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック